3年前の音読ファイルから感じること

本ページにはプロモーションが含まれています

昨日 

 

ポニャ子とズバ子は

 

いつから松江っ子になったのかなぁ

 

と思い

 

真島先生とのLINEを遡ってみると

 

 

2020年

 

約3年前。

 

 

懐かしいなぁと思い

 

ふと

 

音読ファイルを開いてみた。

 

 

すると

 

 

え!?

 

 

声が!

 

 

 

 

声が‥

 

 

 

 

 

かわいすぎる(T-T)

 

 

3回も聞いてしまった(T-T)

 

 

 

これは想像以上に感動します。

 

 

 

今 当たり前のように自然に耳にする声

 

聞き慣れてしまったその話し方

 

 

当たり前ですが、

 

声や喋り方も成長と共に

 

こんなに大きく変化しているのだと

 

実感することができました。

 

 

シバ子家は

 

松江っ子歴が長くなり

 

「毎日やらねばならないこと」

 

 

「当たり前にやること」

 

へ 変化した後なので

 

 

余計に 三年前の音読に

 

あどけなさ を感じたのかもしれません。

 

また

 

音読のために録音したはずの

音読ファイルからは

 

その後ろで繰り広げられている

 

他の家族の言動まで

 

しっかりと

 

録音されておりました笑

 

今のポニャ子、ズバ子の音読も

 

このブログと同じように

 

いつかは成長記録として

 

良き思い出として

 

シバ斗とシバ子を泣かせるでしょう〜。

 

 

 

また新たな発見が出来ました。