本ページはプロモーションが含まれています

中1ズバ子へのサポートについて

 

今日は中1ズバ子へのサポートについて

 

 

一人反省会。

 

 

 

頭ではしっかり分かっていたはずなんです

 

 

上の子ポニャ子と下の子ズバ子への

 

 

サポートの仕方は、

 

 

同じであってはならないし

 

 

同じなわけない、と。

 

 

 

まず、

そこに至るまでに

 

 

ズバ子に合った会話を

 

 

ズバ子をしっかりと観察し

 

 

ズバ子のための行動を

 

 

ちゃんとして来ただろうか。

 

 

 

ズバ子にとって初めての事も

 

 

親のシバ子は一度経験したからと言って

(上の子ポニャ子の時に)

 

 

サポーターとして、

 

 

ボケッとしていたのではないか!?

(声かけの内容とタイミングを間違っていた?)

 

 

 

能動的にやるズバ子に対し

 

 

 

自分自身の声かけと行動を振り返り猛反省した。

 

 

 

 

明日からのズバ子に対する関わりを

 

 

 

もう一度見直そう。

 

 

 

 

今までやって来たやり方ではなく

 

 

 

ズバ子の為だけの

 

 

ズバ子に合ったサポートの仕方を。

 

 

 

 

夏休みから始めたズバ子への見守り

 

 

 

少し距離を取りすぎたのだと思う。

 

 

 

もう一度、

 

 

 

まずは親のシバ子の頭を整理しよう。