「不便」の価値を見つめ直した週末

 

昨日はポニャ子が華道に行く日でした

 

家から華道教室までは

 

直線距離で約3キロ。

 

歩いていくという発想は

 

親も子も全くなくて‥

 

いつも車でササッと送迎。

 

 

 

ただ昨日はいつものように行かなかったんです

 

 

ポニャ子を華道教室へ送って行った後

 

 

母シバ子が急に調子が悪くなり

 

 

そんな日に限って

他に迎えに行ける人もいなく( ´Д`)

 

 

どうしようか悩みつつ

ポニャ子に伝えると

 

 

ポニャ子が

いいよ、歩いて帰るよ〜!

 

 

と。

 

 

すると、その返事を聞いて

 

 

ズバ子が自転車で迎えに行くよー!と(T-T)

ポニャ子がコートを持っていかなかったから持って行ってくれるとのこと

 

ありがとう〜

ごめんね〜と二人に伝え

母シバ子はお布団へ‥

 

 

どれぐらい経ったのか

 

 

45分ぐらいかな、、

 

 

帰ってきた二人はとても元気に

 

 

あ〜いい運動になったわぁ

今度から歩いていこうかなあ

 

 

と玄関で話している

 

 

そして今まで車でしか行ったことがなかった距離を歩いて

 

 

なんかどこまででも歩いていける気がしたわぁ

 

 

とポニャ子。

 

 

 

 

 

シバ子のお家は

 

 

田舎なので車がないと生活できない環境です💦

 

 

なので普段から近場でも

 

 

車で移動することが殆どです。

徒歩で行けるお店はパン屋さんしかありません( ・∇・)

 

 

ですので、

今回のような状況にならなければ

 

 

歩いてどこかへ行く、

 

 

という感覚が薄れていたし

 

 

その選択すら全く無かったことに

気が付きました(・∀・)

 

 

 

また、今回の出来事で

 

 

 

不便さの中にある楽しさや、発見

 

 

 

便利な世界に浸ってしまっているが故に

見えなかった世界を

 

 

娘たちは昨日、感じることができたのかな

 

 

と思います。

 

 

 

 

"「不便」の価値を見つめ直す"

 

 

これは

 

 

たまたまズバ子が今日、国語の音読で

 

 

読んでいた作品。

 

 

今日はシバ子の目の前で音読をしていたので

 

 

他ごとをしつつ聞いていると

 

 

今回の出来事と重なるところが多く

 

 

その題名をブログに入れてみました。

 

 

この

「不便」の価値を見つめ直す とは

 

 

不便だからこそ

得られる良さがある

 

 

つまり

 

 

便利だからこそ

知らない間に失っているものもある

 

 

ということ。

 

 

 

便利な物で溢れている今の生活の中で

 

 

少し発想を変え、見方を変えることで

 

 

新たな発見や楽しみを

 

 

見つけられるような柔軟な視点をもてたら

 

 

毎日がもっと楽しくなりますね(^^)

 

 

 

 

土曜の出来事と、

「不便」の価値を見つめ直す、の作品から

 

 

色んなことを感じ

 

 

娘たちと共有出来た週末でした(o^^o)