ズバズバズバ子の愉快な日常 その12 このブログ読んだら『羽毛』を2度と読み間違えない。

 

お久しぶりです。

 

 

 

 

ズバ子です。

 

 

 

 

羽毛

 

 

 

うもう

 

 

 

ね。

 

 

 

 

これを衝撃的な読み間違いをしたお方がおったのよな…

 

 

 

 

あれは中間テストの前の昼休みだったような…

 

 

 

 

 

 

 

自分の机でひとり歴史を勉強していると

 

 

 

 

「私も勉強する。」

 

 

 


とM(友達)が理科のワークを持ってきた。

 

 

 

 

 

 

いいよ。

 

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

 

…いいけどさ。

 

 

 

 

半分以上私の机の陣地とんのやめてくんない?

 

 

 

 


と心の中で思い口には出さない私。

 

 

 

 


最低だなぁ自分。

 

 

 

 

 

歴史が終わり本を読もうと本を手に取ったらM。

 

 

 

 

M 「ズバ。ワークから問題出して!今ならい

  ける気がする!!」

 

 

 

 

ズバ 「うーん。いいよ。」

 

私の心の中

 

 

 


あのさ

 

 

今ならて

 

 

 

テストの時は無理なやつだよねそれ。

 

 

 

あとね?

 

 


問題出す人側からしたら勉強にならんのよ

 

 

 

國立先生の本に書いてあったよ(多分)

 

 

 

まいっか。

 

 

 


本読むよりマシだと信じよう。

 

 

 

 

 

そして見事に正解していくM

 

 


「じゃあ鳥類には体に何が生えてますか」

 

 

 

 

この問題よ

 

 

 


正解は羽毛(うもう)

 

 

 


けどM

 

 

 


はげ(絶対に私は正解しているの顔)」

 

 

 

 


あーあーあーあーあーああー。

 

 

 


なるほど?

 

 

 

やると思ったぜ?

 

 

 

あたいはよぉ

 

 

 


羽毛(はげ)ってことね。

 

 

 

ズバ  「不正解です。(即答)」

 

 

 

M            「え!?嘘嘘嘘!!ズバ嘘ついとる

     やろ!?」

 

 

 

失礼極まりないな

 

 


M 「ちょっと2組の友達に聞いてくるわ!

  絶対はげだから!!」

 

 

 

 

ダッシュで消えるM

 

 

 

 

 

 

…(遠い目)

 

 

 


……ふぅ

 

 

 


やれやれ。
 

 

 

 


そこまで言うんならはげでいいよ。

 

 

 

  
私は羽毛(うもう)って覚えてるからさ

 

 

 

 

 

テストではげって書いて先生に笑われるのは私じゃないからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


約2分後

 

 

 


とぼとぼと戻ってくるM

 

 

 

かわいそうに…

 

 

 

あの姿だけで何があったのか大体想像できるよ…

 

 

 

 

まぁそんな日もあるさM

 

 

 


という

 

 


羽毛

 

 

 


と書くたび思い出すという心底どうでもいい話でした。

 

 

 

 

 

 

ふっふっふ。

 

 

 

 

もうこれで羽毛の読み方は2度と間違えることは無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てか私に何か言うことはないのかいM。