ズバズバズバ子の愉快な日常 その14 納豆に洗脳されたかも

テスト期間。おやつと夜ごはんに納豆を食べ続けた結果

 

 

ふっふっふ。

 

 

 

真島先生の納豆愛を超えたかもしれぬ。
(納豆を愛しているかは不明)

 

 

 


テスト期間の1週間ほど前。

 

 

 

とにかく何か食べるものが欲しいと思い冷蔵庫を開けた

 

 

 

 

 

 


アイスあるけど鼻血出るくらい甘いチョコレートアイスしかない。

 

 

 

 

 

 

 

それ以外なんか無いのか。なんか。

 

 

 


むむっ!

 

 

 

納豆がある…

 

 

 

 


でも今3時かぁ…

 

 


  


おやつのついでに甘いものが欲しかったんだけど…

 

 

 

 

 

しょうがない。納豆でいいや。

 

 

 

 

 

 

 

 


うまま。

   

 

 

 

え。美味しっ。

 

 

 


びみ。

 

 

 

 

こんな納豆て美味しかったけ

 

 

 

 

 

 

 


そう。あたいはそしてこの日からおやつと夜ごはんに納豆を食べ続けた…

 

 

 

 

 


食べ続けて5日後ぐらい。

 

 

 

 

さーてさて納豆の時間だ。

 

 

 


?!

 

 

 

前で食べてるシバ子の納豆が粒の大きい納豆だと…?!

 

 

 

 

てことはあたいのも粒が大きい納豆…?!

 

 

 

確認確認。

 

 

 


ズバ 「え…?。私の納豆も粒でかいやつ?」

 

 

 


シバ 「どうだろ。多分そうだと思うよ」

 


 


前に粒の大きい納豆は嫌いだからいらんって伝えたやん

 

 

 


…?!…待て。

 

 

 

このパック…

 

 

 


粒が大きいやつのパックじゃない!

 

 

 

 


微妙に粒のパックの点々が小さい。

 

 

 


てことは何の納豆だ。

 

 

 

 

家にある納豆は

 

 


・粒が大きいやつ
・ひきわり
・たれをぷちってするやつ

 

 

の3種類。

 

 

 

まず粒が大きいやつでは絶対無い。

 

 

 

ひきわり…

 

 


にしてはパックの点々がでかい…気がする。

 

 


いや待て待て

 

 


ひきわりには辛子が入っているはずだ。

 

 

 


振ってみればわかる。

 

 


(シャカシャカ)

 

 

 

音がひとつしか無い。

 

 

てことは

 

 


ズバ  「わかった。たれをぷちってするやつだ(真顔)」

 

 

 


シバ
ポニャ   「え?」

 

 

 

 

 

いざ開封

 

 

 

 

ほーらね。

 

 

 

ぷちってするやつだ。

 

 

 

シバ 「え?!すご!何で分かったの?!」

 

 

 

ズバ  「冷蔵庫の中から推測した。」

 

 

 

シバ  「え〜!!すごいやん!!」

 

 

 

 

 

ふっふっふ

 


そうだろう。

 

 

もっと褒め称えてくれてもい

 

 

 

ポニャ 「ほんとそういう頭の回転を勉強に使えばいいのにねー。」

 

 


ん?

 


シバ 「確かにね〜」

 

 

えー。

 

 


いや。これはさ

 

 


自分の好きなもんだからさ

 

 

 

頭がすごい速さで回転したのであり

 

 


いつでも勉強に活かせるというわけでは無いのだよ。

 

 

 

そうなる様に努力しますけども。

 

 

 

まぁ。これで私の納豆愛が伝わったであろう。

 

 

 

という納豆のカバーがなくても何の納豆かわかる様になった話

 

 


これは真島先生の納豆愛を超えたのでは
(真島先生が納豆を愛しているかは不明)

 

 

 


んでさ。

 

 


今日の分の納豆ないからさ。

 

 

 

今日のおかず無いって言ってたでしょ?

 

 

 


買い物ついでに3パックぐらい買ってきて。

 

 

 

 

 


粒がでかいのは買ってくるんじゃ無いよ。

 

 

 

 


絶対食べんから。