ズバズバズバ子の愉快な日常 その11 子供から見た親の書いた成長記録

本ページにはプロモーションが含まれています

病院の待合室で勉強を早めに終え

 

 

 

無事注射を乗り越えた

 

 

 

ズバ子です。

 

 

 

 

あー。痛かった。

 

てかさ。

 

いくら小児科だからってさ

 

注射の後に貼るシールが

 

KIRIN…

 

麒麟

 

きりん…

 

 

まぁいっか…

 

 

さてさて。

 

 

どうやら最近シバ子が私の成長記録を書いているようだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほーん。

 

 

 

 

へー。

 

 

 

 

そんな風に思ってたのか

 

 

 

 

 

私は全くそんなこと感じなかったな

 

 

 

 

小学校の頃の私はまるで暴走族だった。

 

 

 

いえーい

 

 

と言いながら遊びまくってるっていうね

 

 

 

 

遊んでたらシバ子ポリスが追いかけてくるわけよ

 

 

 

 

「うわ。めんでぃ。」

 

 

 

と思いながら脱兎の如く逃げる

 

 

 

まぁね

 

 

松江塾行ってるからやるべき事はやってましたよ

 

 

 

 

 

やったよ?

 

おーい?

 

…え?

 

ダメなの? 

 

 

 

どうやらシバ子ポリスはダメらしい

 

 

 

仕方なく捕まり勉強

 

 

勉強

 

勉強

 

勉強…

 

 

 

 

…もう疲れたんだよ!

 

 

 

 

はい。もういいでしょ。はい終わり。

 

 

 

 

というわけで釈放される

 

 

 

当のシバ子

 

 

 

何か言っているが聞こえないね

 

 

 

あたいには

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という絶賛反抗期中だったわけ

 

 

 

 

…昔の私すごいクソガキだなぁ

 

 

 

反抗期はそんなもんか

 

 

 

 

 

…そんなもんか?

 

 

 

 

そして中1

 

 

 

 

まぁ落ち着く訳よね

 

 

 

 

音読とか和文英訳とか

 

 

 

毎日やる事はやって

 

 

 

そうそう

 

 

 

シバ子に提出してたけど

 

 

提出すると

 

 

 

声小さいよ〜!

 

何言ってるかわかんないよ〜!

 

 

 

 

 

 

 

 

(眉間に皺)

 

 

 

 

 

……

 

 

 

…真島先生に提出しよう

 

 

 

そして今

 

 

大体自分で考えるようにはなった(はず)

 

 

 

例の音読とかね

 

 

 

 

…あ。もう帰る?

 

 

 

では

 

 

 

本音はまたいつか。