真島ボイスだからこそ 心に響きそして届く

本ページにはプロモーションが含まれています

 

今日のブログでは

松江塾真島先生の素敵な声を

真島ボイス

と呼ばせていただいています(^^)

 

 

月曜日の中1の授業中

 

"頭が良いとは"

 

という話で盛り上がっていました。

 

 

 

 

月曜からズバ子が爆裂に入ったので、

(松江塾ではテストの3週間前から爆裂(自学)期間に入ります。ズバ子は完全オンライン生なので松江塾の爆裂期間とは異なる為、塾は通常通り授業があります)

 

その日、

 

たまたま母シバ子が

 

 

ズバ子の代わりに中1の授業に

 

 

参加中(オンラインで)だったんです。

 

 

そこで聞けた

 

 

"頭が良いとは"

 

 

というお話。

 

 

 

シバ子はポニャ子とズバ子に

 

 

サラッとだけ話し

 

 

あとはやはり

 

 

真島ボイス

 

 

で聞くべきだ、と思い

 

 

ポニャ子とズバ子にそう伝えました。

 

 

 

誰かの言葉や話が

 

 

人の心に響く時

 

 

そこには

 

 

声、抑揚、表情、間 などなど

 

 

それらが合わさって

 

 

人の心に響き、伝わっていく

 

 

どんな時も

 

 

誰が話すのか

 

 

はとても重要だと

 

 

シバ子は感じています。

 

 

なので

 

 

昨日の話は

 

 

真島ボイス

 

 

でなければならない気がしたんです。

 

 

 

 

ということで

 

 

昨日の動画を時間がある時に

 

 

ポニャ子、ズバ子に見てもらい

 

 

後日、

 

 

感想を聞いてみようと思います(о´∀`о)

 

 

真島先生の話は

 

相変わらずグッと引き込まれる

 

そしてその後

 

色々考えさせられる

 

こういう人が

 

周りに1人でも多くいることって

 

生きる濃度が濃くなる感じ

 

もちろん人生は

 

自分自身で濃く、深くしていくんだけれど

 

人からの刺激、影響も

 

人生において重要ですよね(o^^o)