本ページはプロモーションが含まれています

自学をやる事で、親の基準から自分の基準へと移行したその先にあるものは‥

 

 

自学って

 

 

得られる事が沢山ある気がして

 

 

その中でも高1ポニャ子を見ていて感じるのは

 

 

自分の基準がハッキリしてくる

 

 

ということ。

 

 

自分の基準がハッキリしてくると

 

 

その先に自立が見えて来るのでは

 

 

と最近思うんです。

 

f:id:shibariku3:20231111201230j:image

 

自学とは

 

 

自分と向き合うこと

 

 

それを繰り返していくことで

 

 

自然と様々なことに対しての

 

 

自分の中での基準ができて来る

 

 

 

誰かの基準

 

 

周りの基準ではなく

 

 

自分の基準

 

 

自分のラインを

 

 

少しずつはっきりとさせていく

 

 

そうする事で

 

 

今までは親の基準でやっていた事も

 

 

自分自身の基準へと移行でき

 

 

その先に自立

 

 

があるのではと思うんです。

 

 

 

 

その基準が

 

 

そのラインが

 

 

自分で決めたものではなく

 

 

誰かの基準だったり

 

 

自分では

 

 

自分の基準だと思い

 

 

実は親の基準のままだったりすると

 

 

大人になったとき

 

 

自分の思いと

 

 

自分の行動の間に

 

 

ズレを感じ

 

 

そして

 

 

年齢を重ねれば重ねるほど

 

 

そこからの抜け出しは

 

 

しんどくなる気がするんです。

 

 

 

 

なので

 

 

今の松江塾での

 

 

「知らんがな」の先の自学って

 

 

ただの自学なんてものではなくて

 

 

この先

 

 

子供たちが

 

 

生き抜いていくためには

 

 

必要不可欠な 

 

 

自分の基準

 

 

を養うためのトレーニングで

 

 

自立への第一歩だな

 

 

とふと思う。