本ページはプロモーションが含まれています

柴犬ツン・デレオの話題かと思ったら夫婦問題へワープ!?

 

今日はうちの柴犬

 

ツン・デレオについて。

(注:実際の名前ではありません☺️)

 

 

ツン・デレオは生後4年ぐらいの時に

 

 

いろんな事情がありうちに来てくれました。

 

 

お座りや待てはもちろん出来ず

 

じゃれたついでに

 

あちこちを噛む

 

そんな子でした。

 

 

ポニャ子、ズバ子がまだ小さい時だったから

 

慣れるまでは近寄ってはダメだよ、

 

と言わなければならない程。

 

 

撫でようとすると

 

頭をスッとずらすような仕草

 

きっと頭を叩かれたことがあるのだろう

 

 

その後 

 

 

毎日毎日

 

 

まずはこちらの事を知ってもらい(思う存分においを嗅がせる)

 

頭を無闇に触ろうとせず

 

許してくれるところをとにかく触り

 

ダメなことはダメ

 

良いことは思いっきり褒め

 

ツン・デレオに毎日毎日話しかけ

 

もう叩かれなんてしない

 

もう噛む必要もない

 

もう安心して良いんだよ

 

と伝え続けた。

 

 

 

変化が起こったのは

 

数ヶ月後。

 

 

うちに来た時期が生まれてから4年以上も経っていたので

 

そこを変えていくのは難しいのかなと

 

正直思っていたけれど、

 

毎日毎日

 

同じことを繰り返し

 

ツン・デレオは変わっていった。

 

 

 

 

今、うちに来て7年目

 

 

お座りも待ても出来、

 

噛む事も一切なく

 

何をするにでも

 

 

しっかりとじっと私たちの目を見つめてくれる

 

 

目を見つめる‥

 

 

目を見る

 

 

目を見るといえば松江塾。

 

 

 

ツン・デレオから感じた事だから

 

 

人間じゃないから‥

 

 

ちょっと違うかもしれないけど

 

 

目を見るって

 

 

そこにしっかりとした

 

 

信頼関係

 

 

があるからでは

 

 

と思ったんです。

 

 

信頼関係が無い時

 

もしくは

 

信頼関係をどちらかが

 

 

築くつもりがなければ

(↑大人限定かなとシバ子は思います)

 

 

目が合う、目を見ることって

 

 

無いんじゃないかな?

 

 

と。

 

 

柴犬ツン・デレオとの関係からだから‥

(人間じゃない💦)

 

 

またちょっと違うか。

 

 

と、言いつつも通ずるところは少しはあるんじゃないかなとも思う。

 

 

 

犬って300語ぐらいなら理解できるそうだけど

(通っている動物病院の先生曰く)

 

ツン・デレオは

 

もっともっと

 

理解してくれているんじゃないかなって感じる(*≧∀≦*)親バカ

 

 

 

人は言葉が通じるから

 

 

言葉の使い方を間違わず

 

 

お互いに良い関係を築こうと思えていたら

(相手が大人、またはある程度の年齢以上の場合)

 

 

必ず、

 

 

必ず!

 

 

目が合うはず‥?

 

 

ですよね。

(↑そうであって欲しいという願いが入りすぎちゃっていますね💦)

 

 

 

ん?

 

 

 

うちのパパ、

 

 

 

 

シバ斗、

 

 

 

 

 

時々

 

 

 

 

 

合わないんですけどー!?

 

 

 

 

ははぁーん

 

 

 

そういう事ね。

 

 

 

 

そういう事か。

 

 

 

 

 

これは信頼関係のどこかに

 

 

 

 

 

穴が空いているかもしれないって事、

 

 

 

 

 

 

 

ですね!ツン・デレオ先生!!

 

 

 

 

 

・・・。

 

 

 

初め書こうと思っていたものと全く違う方向へ行ってしまったこの記事💦

りえさんやボネ子さんのブログを読んだ後だったからか、自然に夫婦の話へ行ってしまった‥。シバ子家も夫婦関係について向き合っていかないといけないなぁという点があるので、これを機会にシバ斗と話そうと思います☺️

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます(o^^o)

 

 

それでは また明日。